セミモノコックボディが採用されているので、オフロードの走破性が高いSUVに仕上がっています。

MENU

90系プラド

 

70系プラドの後を引き継いで1996年~2002年まで登場したのが90系プラドです。

 

70系プラドの外観スタイリングを引き継ぎながらもやや丸みを帯びたボディ形状になり、どことなく現在のプラドのスタイリングに通じるものができたのもこの頃です。

 

プラドはオフロードの走破性だけでなく、オンロードをラグジュアリーに走るSUVとして展開されているモデルですが、この90系プラドからその性格が本格化してきたのではないかと思います。

 

90系プラド

また、外寸も一回り大きくなり、全幅は1730mmから1820mmとなりました。

 

全体的に前シリーズの70系プラドよりもどっしりとした造りになっており、タイヤサイズなども巨大化しています。

 

70系プラドと同じく、90系プラドも中古車市場で高く評価されており、200万円以上の価格がついているものもあり、未だ高い人気を持った車であるといえます。

 

ただ、90系プラドに関しては、リーズナブルな価格で購入したいユーザーにとっても50万円~60万円程度の価格で売られていることもあり、比較的手に入りやすいモデルであるともいえます。

 

エンジンは2.7Lガソリンエンジンと3.4Lディーゼルエンジン、3.0Lのディーゼルターボエンジンなどが展開されていました。

 

2000年のマイナーチェンジでは3.0Lの直噴ディーゼルエンジンは電子制御のコモンレール式の1KD-FTV型に変更されています。

 

豆知識として、この90系プラドは、同じトヨタのピックアップトラックであるタコマと日野自動車と共同開発したハイラックスサーフと基本的なフレームの構造が同じものが採用されており、この3車の基本的フレームとサスペンションは共用です。

 

90系プラドにはセミモノコックボディが採用されており、サスペンションに関してはフロントにダブルウィッシュボーン、リアに5リンクのトレーリングリンク車軸式サスペンションを採用しており、よりオフロードの走破性が高いSUVに仕上がってきました。

 

これに続いて120系プラドではさらなるラグジュアリーSUVとして進化していくわけです。